服部内科、健康推進フォーラム講演のお知らせ

当院院長が講演をしました

2013年2月22日 健康科学推進フォーラムにてリレー講演・「健康社会の実現に向けて」の中で「統合医療がわが国の医療に貢献できること自然治癒力と病の予防を目指して」を当院院長 服部かおるが講演をしました。

健康推進フォーラム チラシ

第3回 健康科学推進フォーラム について

「関西バイオメデイカルクラスター(KBMC)」事業は、大阪・兵庫地域の産学官が広域的な連携の仕組みを作り、医薬品(医療)・医療機器・健康科学の
分野で世界的な市場を指向した革新的医薬品・医療機器の開発や高付加価値健康サービスの提供を実現することが使命です。「健康科学推進会議」 (2010年2月設立)は、これらKBMCの使命のうち、健康科学に関する研究開発を科学的に適正な方向に先導・推進する大学や研究機関の提言集団として、地域における健康科学研究開発に係わる諸課題や諸々の案件に対する方策を広範な観点から議論し、逐次地域に発信してきました。これまでに、「健康科学推進の基盤整備計画」や「健康科学推進イノベーション基本戦略」として公表した会議議論の取りまとめに沿って、健康科学に関して"関西が一枚岩に!" なる活動を展開し、地域の産学官連携が、[交流・理解]→ [協調・連携]→ [自律・自立]と段階的に発展する一端を担ってきたと考えています。
本年度のフォーラムでは、昨年度実現した、健康科学に関する地域の産学官医の協働プラットフォーム「健康科学ビジネス推進機構」の設立などの新たな展開や、現在までに進展した各々の大学・研究機関の健康科学に関する姿勢や取組みの結実などを含めた「現状情報の共有」を図ると共に、「健康科学推進会議」が今後提言する「健康社会の実現」に向けたさらなる展望などを討論します。

詳しくはPDFファイルかJPGファイルをご覧ください。

●PDFファイルで見る    ●JPGファイルで見る(PDFリーダーをお持ちで無い方)