服部内科の設備説明

血圧脈波検査と機器のご説明



  【検査の目的】
脈が血管の壁を伝わる速度や血圧を基に、血管のしなやかさを調べる「血管機能検査」。
動脈硬化の進み具合を数値化して診断します。
この検査は、心電図や血圧測定と同様の簡単な方法で実施できます。
【検査の方法】
カフを上腕と足首に2ヶ所、電極を両手首に2ヶ所、それに心音マイクを胸(心臓)につけます。
約4分で簡単、正確に測定できます。
左の写真のような診断結果が約4分で出てきます。診断は動脈硬化度や動脈のつまり具合を数値で示します。 【この検査でわかること】・不整脈の有無・虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の有無